施術を受ける前に費用や施術法について調べておこう

保険適用が受けられます

女性

目元からきれいに除去できます

いぼは顔、首、胸元、脇の下などの、皮膚が薄くてデリケートな部位に出来ることが多いです。大きめの形状だったり、液体窒素の場合では、通院期間が長引く場合は、切除手術を勧められることが多いです。美容皮膚科のクリニックでは、電気メスやメスを使用して、根本からいぼを除去して、医療用の糸を使って縫合をします。いぼ切除手術は、保険適用が受けられるので、3割負担で治療が受けられます。いぼの大きさや形状によっても、多少の違いがありますが、5千円から、1万5千円前後になっています。美容皮膚科のクリニックでは、採血や超音波エコー検査などを行ったり、いぼの種類を特定したりするために、病理検査を行うこともあります。美容皮膚科のクリニックで、切除手術の治療を受けたい場合は、健康保険証や運転免許証などの身分証明書を持参する必要があります。契約書や同意書に捺印や署名をする必要があるので、印鑑などを準備して下さい。地元で評価の高い美容皮膚科のクリニックは、清潔な個室で施術が受けられるので、衛生面でも安心出来ます。切除をする前に、クリーム状の局部麻酔をしてくれるので、痛みを感じることはほとんどありません。美容皮膚科では大変ポピュラーな治療法になっており、施術時間も20分から、30分程度で終わります。

美容皮膚科のクリニックでは、いぼ切除手術を行っています。施術を受けた直後は、お肌がデリケートになっているため、肌色の絆創膏を付けておく必要があります。外出をする時は帽子や日傘を用意して、日焼けをしないことが大事です。いぼ切除手術を受けた後は、5日から、7日ぐらいで抜糸をする必要があります。抜糸をしたり、患部の消毒をしてもらうために、定期的な通院が必要です。薬が必要になっても、保険適用が受けられるので、費用を抑えた治療が出来ます。電気メスによるいぼ除去は、傷跡が目立ちにくく、傷の治りも速いなどのメリットがあります。細い糸を使って丁寧に縫合をするため、傷跡が目立ちにくくなります。信頼できる美容皮膚科のクリニックを選ぶと、カウンセリングや診察、検査に時間を掛けてくれるので、安心して通院が出来ます。切除手術は、日帰りで治療が受けられるので、仕事や家事で忙しい人には人気があります。3か月から、半年ぐらいを過ぎると傷跡が目立たなくなり、首や胸などのブツブツもなくなります。露出の高いファッションのお洒落を楽しみたい人にお勧めです。いぼには老人性の場合と、ウイルスが原因の場合があるので、医師に診断をしてもらう必要があります。ウイルス性のいぼの場合は、液体窒素の治療の場合は長引く可能性があります。

Copyright© 2019 施術を受ける前に費用や施術法について調べておこう All Rights Reserved.